FC2ブログ

円高

アメリカのサブプライムが破綻して、その影響により極端な円高に見舞われているが、
今日のメルマガによって、ちょっと落ち着いた。

円高とは日本の資産価値が上がることであり、生活で困ることはない。
逆に円安だと、食料の大半を輸入に頼っている状況では、日々の生活にも困る。

でも俺、豪ドル資産を持っているんだが・・・・・・・。

以下、コピペ。
>
━━━━━━━━━━━━━
大和民族は円高を歓迎すべき
━━━━━━━━━━━━━


             佐藤ライザ

このところ、日本の株式市場(平均株価)は、円高だと値を下げ、円安
だと値を上げています。米ドル等の外貨に対して、円が強くなると、輸
出企業を中心に利益が減少して、日本経済が苦しくなるとの発想と思わ
れます。

「円」の価値は、昭和10(1935)年頃、1米ドル=約2円の水準だった。。
大東亜戦争に突入する頃には、次第に円安方向に推移していましたが、
1945年の日本敗戦によって、「円」は大暴落し、占領軍の采配によって、
1米ドル=360円の固定相場を押し付けられました。

敗戦後の混乱期には、1米ドル=400円以上の闇相場もありましたが、
1950-1955年頃の生活実感(物価とサービス代の総合)としては、「円」
の評価は低すぎ、1米ドル=100-150円が妥当、と思われるまでに回復し
ていました。◇ その後、1米ドル=240円水準の時期を経て、1米ドル=80
-150円が通例となっています。

対米ドルの日本円相場が、360円→240円→120円と急騰して行く過程で、
日本の有識者連中は、「今にも日本経済が行き詰まる」かの如き発言を
繰り返していました。ところが、日本民族の真摯な努力もあって、日本
は経済的に、一段と強固になって行きました。

極端な円高(現在の50倍の円高、1935年の水準、1米ドル=2円)と、極
端な円安(現在の50倍の円安、1米ドル=5000円)を勘案してみます。

1米ドル=2円の超円高なら、輸出(日本国内で生産しての出荷)はあり
得ず、輸出を念頭に置く必要はありません。しかし、輸入物価は、極端
に安くなります。

日本が海外資産を保有しておれば、その利息・配当によって生活が出来
ます。米国の軍事力(例、太平洋艦隊)を軍人もろとも買収して、石油
シーレーンを含む日本防衛を完備する事も可能となります。

一方、1米ドル=5000円の超円安なら、確かに「輸出」産業は、有利とな
るでしょう。しかしながら、石油・食糧・鉱物資源等の輸入物価は、と
てつもなく高騰し、国民生活はインフレによって苦境のどん底に転落し
ます。

日本民族及び日本企業は、極めて少数(日本国籍を保持しつつも、事実
上海外で長期間生活し続け、資産も海外に存在する人等)を例外とすれ
ば、97%以上の人と企業は、円建ての資産が、米ドル等の外貨建て資産
よりも、断然多いと言える。「超円安」で得する訳がありません。

人類発生以来、自国の評価(具体的な表現形態として、自国の通貨価値)
が、上昇して「損をする事はない」のです。文頭の株式市場における
「円安待望論」は、目先の損得しか考えない連中の「浅はかな」発想と
言わざるを得ません。

「日本の進路」日本戦略の研究会 No.0468 2008/11/11より転載。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red October

Author:Red October
晴耕雨読。あこがれるが現実は無理。日々の気になることを書き留めて、気分だけでも浸りたい。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク