FC2ブログ

2009年の読書メーター

2009年の読書メーター
読んだ本の数:66冊
読んだページ数:16883ページ
>
■中山成彬はなぜ日教組と戦うのか
中山成彬とあるが、著者の伊藤氏が戦ってきた記録である。日教組のでたらめさが一層増します。
読了日:12月31日 著者:伊藤 玲子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4299431

■純米酒を極める (光文社新書)
純米酒で無ければ日本酒は衰退するという厳しい意見。巻末の資料を元に純米酒を呑んで行こうと思う。また、冷やより熱燗の方が胃から吸収される為、体に優しいことを初めて知った。
読了日:12月28日 著者:上原 浩
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4348584

■思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)
思考には寝かせることも重要で、しばらくそっとしておくことも必要である。
読了日:12月24日 著者:外山 滋比古
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4262034

■勇気凛々 (角川文庫)
会社など、人に恵まれなければやっていけない。ホダカ(株)の武田氏は、イトーヨーカ堂の伊藤会長をはじめ、いろんな人の協力にて成長してゆくのだが、一番の出会いは再婚の香榮子さんである。ただ、前妻との子供はどう思っていかのかなあ。
読了日:12月19日 著者:高杉 良
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4194833

■生命保険はだれのものか―消費者が知るべきこと、業界が正すべきこと
保険の種類は3つしか無く、「死亡保障」、「医療保障」、「貯蓄・運用」である。すべての保険はこれらの組み合わせである。サラリーマンである場合、公的保証が手厚いため保険の保証内容はもっと絞り込めるはず。また、保険会社は必ず経費がかかるので、大量のCMやセールスレディを抱えている会社は良くない。
読了日:12月14日 著者:出口 治明
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4137027

■竹中式マトリクス勉強法
竹中式勉強マトリックスとは、「人生を戦い抜く武器としての勉強」と「人間力を鍛えるための勉強」の二つの方向性に、目標の到達点があるかどうか。すなわち「天井がある勉強」と「天井のない勉強」の軸。現在の自分をこのマトリックスに当てはめて考えると、自分の行動が見えてくる。
読了日:12月09日 著者:竹中 平蔵
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4089235

■頭がよくなる照明術 (PHP新書)
夜は間接照明で電球の明かりがよい。もっと照明の例が写真付きであれば良かった。
読了日:12月03日 著者:結城 未来
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4023366

■最高の住宅をつくる方法―長寿命な住宅は間取りで決まる! (エクスナレッジムック)
こんな家に住めたらいいなと思わせる写真や間取りが多く、参考になる。家を建てる前にもう一度読み返したい。
読了日:12月03日 著者:本間 至
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/4012310

■国債を刷れ!「国の借金は税金で返せ」のウソ
読了日:12月01日 著者:廣宮 孝信
http://book.akahoshitakuya.com/b/4883926788

■師匠! (ランダムハウス講談社文庫)
落語の師弟話だと思って読み出したが、創作の短編小説だった。まずまず良かったと思う。
読了日:11月26日 著者:立川 談四楼
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3938328

■IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣
思考はアナログであり、デジタル機器でもアナログ的な使い方をすると、アイデアが産まれやすい。
読了日:11月22日 著者:原尻 淳一,小山 龍介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3884427

■日本防衛のあり方―イラクの教訓、北朝鮮の核
北朝鮮は核を配備した。日本は従来の盾の機能だけでなく、矛の機能も装備しなければならない。しかし強力な武力を装備して、世界を驚かしてもいけない。バランスを取るのが難しいが、いまの政治家でできる人がいるのか疑問である。
読了日:11月20日 著者:江畑 謙介
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3855661

■医療保険は入ってはいけない!
サラリーマンなら公的な健康保険が保証内容が充実しており、また、病院の入院期間の短縮化政策に伴い、現在の入院中心の民間保険は意味がない。
読了日:11月15日 著者:内藤 眞弓
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3810576

■私の原点、そして誓い―遠距離介護五年間の真実
自身の母親を5年間介護してきた舛添氏を政治家として期待する。
読了日:11月13日 著者:舛添 要一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3767740

■対米交渉のすごい国 (光文社新書)
読了日:11月10日 著者:櫻田大造
http://book.akahoshitakuya.com/b/4334035108

■すべての経済はバブルに通じる (光文社新書 363) (光文社新書 363)
これからは、資源や穀物といった実体経済が力を持つようになり、金融資本のお金の価値が下がってくる。
読了日:11月06日 著者:小幡績
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3701655

■嗚呼愛しき自転車乗り
自転車に興味があれば一読する価値有り。自転車乗りの習性が分かる。
読了日:11月03日 著者:ドロンジョーヌ恩田
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3647850

■まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
投資家とは、どんなに優秀な人でもまた専門の研究者であっても、自分の都合の良い言い訳をしてしまい、結果、あるとき大損をしてしまう。
読了日:10月31日 著者:ナシーム・ニコラス・タレブ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3601446

■「空気」の研究 (1977年)
空気と水なしに人間か生活できないように、「空気」と「水」なしには、精神は生きていくことができない。つまり状況がある「空気」に包まれていても、いつでも「水」をさす自由を確保していなければならない。
読了日:10月25日 著者:山本 七平
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3530338

■タグバナ。
評判通り、文章がうまい。現役を引退しても仕事には困らないだろう。
読了日:10月21日 著者:田口 壮
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3489020

■論理思考の鍛え方 現代新書1729
論理的思考とは、「同一性を発見する力」「相対的に見る力」を前提能力として、推理能力、比較能力、集合(全体と部分)能力、抽象能力、整理・要約能力、直感的着眼能力、因子順列能力である。
読了日:10月17日 著者:小林 公夫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3469347

■医療の限界 (新潮新書 218)
病名さえ判れば、ネットで誰もがガイドライン的な知識は得られる。ゆえに私は、内科には薬を処方してもらうだけに言っている。外科は医師の技術が必要なので、本書の通り、技術が向上できる仕組みや制度が必要だと思う。
読了日:10月12日 著者:小松 秀樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3398340

■ぼけとはモダニズムのこっちゃ
一つの考えにこだわらず、ゆったりと思考を巡らすのがおもしろい。
読了日:10月09日 著者:森 毅
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3363417

■大人のための新オーディオ鑑賞術 (ブルーバックス)
様々な規格が乱立する音楽ファイル。可逆音声圧縮のFALCでPC保存、携帯はFALCかMP3 256K。また、PCからオーディオ機器の接続にはREX-Link2を推奨。
読了日:10月04日 著者:たくき よしみつ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3317800

■ランチェスター思考 競争戦略の基礎
ランチェスター戦略。市場占拠率の目標数値モデル。
読了日:10月03日 著者:福田秀人
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3317789

■日本の森はなぜ危機なのか―環境と経済の新林業レポート (平凡社新書)
林業の衰退は、輸入材の影響だけでなく、時代にあった商品を開発、流通させなかった事である。「りぐぱる」という商品が気になる。
読了日:09月30日 著者:田中 淳夫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3279585

■マンガ嫌韓流3 (晋遊舎ムック) (晋遊舎ムック)
このシリーズのおかげで、新聞、テレビの報道の仕方を学んだ。次は帰化した在日の人が討論に出てこないかな。
読了日:09月27日 著者:山野 車輪
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3247974

■空耳アワワ
阿川さんの人柄がよくわかる本。結婚は難しそうですな。
読了日:09月27日 著者:阿川 佐和子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3247957

■サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)
子供に考えさせるようにする。そのためには大人は答えを出さずに子供に答えさせるようにしなければならない。
読了日:09月27日 著者:池上 正
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3242095

■反転―闇社会の守護神と呼ばれて
読了日:09月26日 著者:田中 森一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344013433

■新編 家づくり部屋づくりの急所―新築住宅・マンションやリフォームに役立つ
参考にしたい例が結構あった。家を建てることがあれば、その前にもう一度読みたい。
読了日:09月11日 著者:吉田 はるみ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3104621

■神様のいない日本シリーズ
んー、よく分からない。
読了日:09月08日 著者:田中 慎弥
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3044911

■甲子園への遺言―伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯
この人の打撃理論を本にしてほしかった。ちんちんブラブラ、大根切り等の様々な打法を知りたい。
読了日:09月06日 著者:門田 隆将
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/3015258

■ビジネスで失敗する人の10の法則
訳が下手で記憶に何も残らない。本当は良いことが書かれているのだろうけど。
読了日:09月02日 著者:ドナルド R キーオ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2984649

■永遠の0 (ゼロ)
一気に引き込まれて読んでしまった。フィクションではあるけれど、戦争の記述の部分は史実に基づいていると思われる。大東亜戦争は愚かだとは思っていたが、本当の愚か者は作戦・命令を下した上士官たち。現在で言えば官僚だ。戦前も戦後も変わっていない官僚政治。奇しくも今日は衆議員選挙、なんとか官僚政治を打破してほしい。
読了日:08月30日 著者:百田 尚樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2956040

■男たちは北へ (ハヤカワ文庫JA)
おもしろいのだが、絶賛とまではいかない。
読了日:08月29日 著者:風間 一輝
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2944668

■銀輪の覇者 (ハヤカワ・ミステリワールド)
長編小説。良くできたストーリー。おもしろかった。
読了日:08月23日 著者:斎藤 純
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2884779

■いじめの構造―なぜ人が怪物になるのか (講談社現代新書)
学校などの閉鎖的な組織では、生徒、教師を含め組織のルールが絶対になり、いじめが発生しやすい。それを回避する方法としては警察などの世間のルールを取り入れること。
読了日:08月20日 著者:内藤 朝雄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2858416

■人生の軌道修正 (新潮新書)
本音と建前をきちんと使う。本音を言えない人は、人間関係がうまく作れない。家では本音を言える環境にし、建前の使い方を訓練する。
読了日:08月13日 著者:和田 秀樹
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2778774

■フリーサッカーで世界をめざせ!―いつでもどこでもだれとでも
世界の子供は何処ででも自由にサッカーをしている。サッカーがうまくなるはずだ。また、この本は難しい漢字にはふりがなをふっており、小学生低学年でもOK。
読了日:08月07日 著者:宮崎 昇作,吉野 弘一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2715507

■論語 (岩波文庫)
一読だけでは理解できない。もっと読み込まなければ・・・。
読了日:08月06日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2704546

■日本人が知らない恐るべき真実 ~マネーがわかれば世界がわかる~(晋遊舎新書 001)
発展途上国は、援助という名の膨大な債務を抱えており、先進国の言いなりである。まさに現代の植民地。
読了日:08月01日 著者:安部芳裕
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2665520

■アレルギー・マーチと向き合って
読了日:07月26日 著者:関根 友実
http://book.akahoshitakuya.com/b/4023302988

■経済は感情で動く―― はじめての行動経済学
読了日:07月26日 著者:マッテオ モッテルリーニ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4314010479

■ツキの最強法則―1日5分、7日で幸運がやってくる!
できるイメージを持て!
読了日:07月21日 著者:西田 文郎
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2524958

■サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践
読了日:07月13日 著者:中原 圭介
http://book.akahoshitakuya.com/b/4894513102

■じてんしゃ日記2008
読了日:07月07日 著者:高千穂 遙,一本木 蛮
http://book.akahoshitakuya.com/b/4152089350

■ツール・ド・フランス完全ガイド
読了日:07月06日 著者:土肥 志穂
http://book.akahoshitakuya.com/b/4478001596

■会社は毎日つぶれている (日経プレミアシリーズ)
順法と人間性のあるべき社会性の三つのレベル。レベル0:法を守れないレベルで非合法。恥。レベル1:合法。レベル2:他人に迷惑をかけないレベル。道徳。レベル3:心に恥じることのないレベル。倫理。
読了日:07月03日 著者:西村 英俊
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/2350852

■エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
読了日:06月30日 著者:河邑 厚徳,グループ現代
http://book.akahoshitakuya.com/b/4140804963

■風に舞いあがるビニールシート
読了日:06月23日 著者:森 絵都
http://book.akahoshitakuya.com/b/4163249206

■戦争詐欺師
読了日:06月21日 著者:菅原 出
http://book.akahoshitakuya.com/b/4062153424

■知られざる真実―勾留地にて―
読了日:06月13日 著者:植草 一秀
http://book.akahoshitakuya.com/b/490314528X

■仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
読了日:05月10日 著者:山本ケイイチ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4344980867

■ぼくは勉強ができない (新潮文庫)
読了日:05月01日 著者:山田 詠美
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101036160

■なぜ君は絶望と闘えたのか
読了日:04月12日 著者:門田 隆将
http://book.akahoshitakuya.com/b/4104605026

■落語家はなぜ噺を忘れないのか (角川SSC新書 52)
読了日:04月11日 著者:柳家 花緑
http://book.akahoshitakuya.com/b/4827550530

■大暴落1929 (NIKKEI BP CLASSICS)
読了日:04月10日 著者:ジョン・K・ガルブレイス
http://book.akahoshitakuya.com/b/4822247015

■読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
読了日:02月10日 著者:奥野宣之
http://book.akahoshitakuya.com/b/4901491849

■はじめての課長の教科書
読了日:01月30日 著者:酒井穣
http://book.akahoshitakuya.com/b/4887596146

■箱の家に住みたい
読了日:01月26日 著者:難波 和彦
http://book.akahoshitakuya.com/b/4900456799

■外国人力士はなぜ日本語がうまいのか―あなたに役立つ「ことば習得」のコツ
読了日:01月24日 著者:宮崎 里司
http://book.akahoshitakuya.com/b/4625683181

■霞が関埋蔵金男が明かす「お国の経済」 (文春新書 635)
読了日:01月19日 著者:高橋 洋一
http://book.akahoshitakuya.com/b/4166606352

■7つの習慣 ティーンズ
読了日:01月16日 著者:ショーン コヴィー
http://book.akahoshitakuya.com/b/4906638201

■日本以外全部沈没―パニック短篇集 (角川文庫)
読了日:01月09日 著者:筒井 康隆
http://book.akahoshitakuya.com/b/4041305225

■現場のIE〈2〉動作分析 (1983年) (新現場QC読本〈10〉)
読了日:01月06日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/b/B000J7FWJS


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red October

Author:Red October
晴耕雨読。あこがれるが現実は無理。日々の気になることを書き留めて、気分だけでも浸りたい。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク