FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の読書メーター

2011年5月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2105ページ
>

■強育論-The art of teaching without teaching-
結局のところ、本人のやる気があるか無いか。無ければ著者でも伸ばせない。それは分かるが、やっぱり何とかしたい。やる気スイッチはどうすれば入るのか。
読了日:05月31日 著者:宮本 哲也
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11476180

■Story Seller〈2〉 (新潮文庫)
「日曜日のヤドカリ」二回目再読。一度では感じられなかったことがじわじわと感じられて良かった。「ヒトモドキ」従来の有川作品をイメージしてたので、ちょっとびっくり。「レミング」は傑作「サクリファイス」のスピンオフ。早く「エデン」の続きが読みたい。
読了日:05月26日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11377972

■シアター!〈2〉 (メディアワークス文庫)
それぞれの恋愛関係がハッキリしてきて、また借金300万の返済も可能性が出てきた。次が最終巻、非常に楽しみです。
読了日:05月18日 著者:有川 浩
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11230974

■図書館戦争
ファンタジーなのだが、当たり前のことに規制が入ると非常にめんどくさく、危険になる事を舞台にしており、私は人権擁護法と重なった。そういう意味も含めて、今後の展開が楽しみである。
読了日:05月13日 著者:有川 浩
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11180027

■信頼する力 ジャパン躍進の真実と課題 (角川oneテーマ21)
とてもおもしろかった。特に日本代表監督、トルシエ、ジーコ、岡田、ジャックの性格、戦術、起用法など違い。選手としての心構え、今後の目標。常に考えながらプレーしていることが分かる。すべてのサッカー選手に読んでもらいたい。
読了日:05月07日 著者:遠藤 保仁
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11061812

■故郷の親が老いたとき―46の遠距離介護ストーリー
進学や就職で故郷を離れ、そのまま生活基盤が異なることは今や普通。いずれ親の面倒を見なければと思いながらどうすることもできない。そんな気持ちを体験した人に重ねて考える。分かっていたことだが、ケースバイケースの為、これっと言った解決策は無い。しかし親子とも双方が納得した状態でいれば少しはましかな。
読了日:05月06日 著者:太田 差惠子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11022276

■ひなた弁当
リストラされた主人が、ドングリを食することから、野草、川魚にと、ただで食材が手に入る事を覚え、最後には弁当まで作ることになる。スピーディーな展開で楽しく読めたが、弁当30ヶではちょっと収入が少ないのでは無いだろうか。
読了日:05月02日 著者:山本 甲士
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/11005121


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red October

Author:Red October
晴耕雨読。あこがれるが現実は無理。日々の気になることを書き留めて、気分だけでも浸りたい。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。