FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年2月の読書メーター

2012年2月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2136ページ
ナイス数:30ナイス
>

■「アルゴリズム」のキホン (イチバンやさしい理工系シリーズ)
読了日:02月28日 著者:杉浦 賢
http://book.akahoshitakuya.com/b/4797360690

■経済危機のルーツ ―モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか
1970年からの経済を分析。非常に分かり易く、納得がいく。 製造を中心とした従来型の経済は、先進国から崩壊し、IT、金融を中心とした経済に移行する。しかし日本は従来型に拘り、IT、金融に遅れをとり、各国に抜かれていった。現状を変えるには人材が重要で、欧米なみの大学教育、英語、グローバル化が必要。
読了日:02月27日 著者:野口 悠紀雄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16980882

■ATOKATA (あとかた)
被災地を芸術にしたいのか?写真からは悲惨さを感じることができなかった。ただ津波の傷跡だけを写した感じだ。
読了日:02月19日 著者:篠山紀信
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16744285

■郊外はこれからどうなる? - 東京住宅地開発秘話 (中公新書ラクレ)
東京の山の手の推移を、巧みに分析し商圏を考えているが、東京の地理が分かっていないとおもしろみ半減。次は関西編をお願いしたい。
読了日:02月18日 著者:三浦 展
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16744410

■体制維新――大阪都 (文春新書)
政治家が方向性を決め、官僚はその制度設計を詰める。今はそれができていないことが問題。橋下がやりたいのは、大阪都、道州制、教育制度もあるだろうが、政治家と官僚の役割をはっきりさせ、次の首長も継続的に官僚との役割を引き継ぎたいのだろう。非常に期待してます。
読了日:02月18日 著者:橋下 徹,堺屋 太一
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16744360

■スエズ運河を消せ―トリックで戦った男たち
作り話のような実話だそうです(写真もあり)。物語の展開とかはおもしろいのですが、訳が堅すぎて入り込めなかった。500ページを超える長編にも気後れしたのも事実ですが・・・。
読了日:02月12日 著者:デヴィッド・フィッシャー
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16567286

■PCオーディオもわかる!大人のオーディオ大百科 (マキノ出版ムック)
当初はPCオーディオを導入しようと思っていたが、ここに来てDLNAがそこそこ使えるようになり、ネットワークオーディオ&ビデオが視界に入ってきた。しかしメーカーのDLNAへの取り組みの違いが大きく、できることとできないことがわかりづらい。パナのテレビで日立のテレビに録画した映像を再生することができなかった(パナ同士では一部機種で可能)。著作権の問題もあるだろうが、ユーザー第一で利便性を高めてもらいたい。
読了日:02月11日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/16567053

■自分のアタマで考えよう
読了日:02月02日 著者:ちきりん
http://book.akahoshitakuya.com/b/4478017034


▼2012年2月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/5556/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Red October

Author:Red October
晴耕雨読。あこがれるが現実は無理。日々の気になることを書き留めて、気分だけでも浸りたい。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。