FC2ブログ

2008/01/12 借りてきた本

以下リスト。
>
1.世界バブル経済終わりの始まり-実践・臆病者のための黄金の投資学
  松藤 民輔 (著)
  講談社 (2007/6/1)

2.ソロモンの指環-動物行動学入門
  コンラート ローレンツ (著)
  早川書房 (1998/03)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

1.要点
 ・バブル期現象として、金利を下げると株価が下がる。
 ・バブル崩壊時の株価は、暴騰・暴落を繰り返しながら下がる。日本では三年で60%の暴落。
 ・株は伸びしろで選ぶ。新聞報道は、記者もいい加減な事は書けないから、常に後追い報道となり、すでに伸びきった後である。
 ・NYダウの暴落、ペーパーマネーの信用崩壊等により、今は金購入のベストタイミングである。
 ・人間は都合のいいことばかり考えて失敗する。歯止めをかけるための自己憲法を持つ。
 ・投資は逆張りが基本だ。

2.たくさんの動物と一緒に生活し、その中での様々な経験をまとめた本。全く知らない習性があるのだが、私自身その動物自体を知らず、あまり入り込めなかった。
プロフィール

Red October

Author:Red October
晴耕雨読。あこがれるが現実は無理。日々の気になることを書き留めて、気分だけでも浸りたい。

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ検索
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク